ハイジーナ脱毛って何?

たまに耳にするハイジーナ脱毛。これは一体どういう脱毛なのかというと、ビキニラインを示す「V」と性器のまわりを指し示す「I」の事であり、「清潔感のある」という意味からこう名づけられました。ビキニラインや性器のまわりはとてもデリケートな部位であり、なかなか人に相談しにくい部位となっています。あまり日本では取だたされることはなかったのですが、海外では普通におこなわれており、ハリウッドセレブの間でも人気として、近年では日本でも注目を集めています。特に若い世代ほど抵抗もないようで、人気の脱毛部位となっています。

 

VIOは意外と悩みが多い場所なのですが、気軽に相談することはちょっとためらわれるところ。他の人がどのような方法で脱毛しているのか…とても気になりつつ、自分で処理するしかない。でも、自分ではなかなか見えない部位だけあって、自己処理も難しいものとなっています。こうしたことから、簡単にできる医療レーザーによるハイジーナ脱毛が人気となっています。面倒な自己処理から解放されるだけでなく、これまで人に言えずに自分の胸の内に抱えていた悩みをすっきりと解決することができます。

 

ではVIOと呼ばれる部位はどこらへんになるのでしょうか?一般的には、Vラインは「ビキニライン」を、Iラインは「陰部の周囲」を、Oラインは「肛門周囲」を指し示しています。さらに細かくいうと、下記のようになります。

 

○Vライン
足の付け根部分から「V」の字になっている部分で、もっとわかりやすく言うと下着や水着を着たときに気になる部分です。このVラインをレーザーで脱毛することで、ムダ毛の心配が減るだけでなく、自分の好きなデザインの下着や水着を体毛を気にすることなく選ぶ事ができるようになります。

 

○Iライン
性器周辺をいい、最近ではTバックなどのちょっと特殊なデザインのパンツを、頻繁に着用する人に人気があります。また、この部位の脱毛は生理時の蒸れを解消したり、かゆみなどを予防したりと、衛生面で大きなメリットを得ることができます。

 

○Oライン
肛門周辺の体毛は、稀に排泄物がついてしまう…といった事があり、衛生面でも不安な部位。この部分の体毛を脱毛することで、排泄物が付着して残ることを予防することができ、それによるかゆみやにおいなどの予防にもなります。


VIO脱毛のメリット

まだ上の年代では抵抗感を感じる人も多いですが、若い世代ほどだんだんと抵抗感も低くなってきています。これも時代の違いですが、VIO脱毛は自分ではなかなか見えにくい部位であるだけあって、自己処理をおこなうのも難しい場所。無理に自己処理をしてキズなどを作ってしまうと、治癒させるのもなかなか大変です。医療脱毛ではそうした部位もきちんと丁寧に、そして安全におこなうことができますので、トラブル予防のためにも医療クリニックでの脱毛がおすすめです。おもいきっておこなうことで、蒸れやにおいなどの嫌な悩みから解放されます。


関連ページ

医療脱毛の種類とエステサロンとの違い
どんな脱毛方法、機器を使っておこなうかは医療クリニックによって異なります。 その内容は、エステサロンとは大きく異なるのです。