医療クリニックで使われている主流の脱毛機種

医療脱毛の種類には、大きく分けてレーザー脱毛と針脱毛の2種類あります。昔からあるので針脱毛で、これは毛穴の一つ一つに針を入れて毛根を死滅させるので、最も永久脱毛に近い効果を得られるものとして知られています。レーザー脱毛では産毛や色が薄い体毛には効果がないのですが、針脱毛でそうした体毛にも有効なのです。ただ、確実に体毛を処分できる方法ではありますが、その施術では強い痛みがあり、時間もものすごくかかるものとなっています。そうしたとことからも、今ではレーザー脱毛のほうが主流となってきています。

 

レーザー脱毛は日々発展してきており、数年前と比べても差があるほどの進化を遂げています。数多くのレーザー機器がありますが、代表的な機種といえば下記になります。

 

○ルビーレーザー
脱毛レーザーとしては世界初の機器。アメリカで開発されました。メラニン色素が少なく皮膚の色が薄い人といった、欧米人向けに使用されるレーザーです。エネルギーがとても強く日本人などの東洋系の肌にはあまい合わなないことからも、国内ではほぼ使われていません。

 

○アレキサンドライトレーザー
黒い色に反応するレーザー機器。脱毛以外にも、シミ取りやそばかすの治療、あざなどの除去治療にも使われます。脱毛では、体毛に含まれる黒いメラニン色素に反応し、永久的に体毛が生えてこないように毛や毛根、毛母細胞を破壊します。医療脱毛では最もポピュラーな脱毛機器です。

 

○ダイオードレーザー
アレキサンドライトレーザーと同じく、医療脱毛ではポピュラーな存在となっているレーザー機器。一緒に使われることもあります。他のレーザーではあまり効果がでなかった場合に使用されることが多く、アレキサンドライトレーザーと使わけをして脱毛効果を上げるのに最適です。

 

○ロングパルスYAGレーザー
多くのレーザー脱毛機器がメラニンに強く反応するようにできている為、皮膚の色が濃い人の場合では火傷のリスクが高くなります。そうしたリスクを抑えるためには、レーザーの出力数を下げなくてはならず…そうなると効果も弱いものとなってしまいます。思うような効果が得られにくくなる…ということから、皮膚の色が濃い人にも使える機種としてできたのがロングパルスYAGレーザーです。皮膚表面の色に反応するのを抑えて、毛根にだけ反応します。


エステサロンで使われているのは?

エステサロンで使われている機種としては、IPL脱毛が主流となっています。これはインテンス・パルス・ライトの略で、光脱毛とも呼ばれている脱毛方法。産毛や細い毛、メラニンの少ない薄い毛や白髪などに適した方法です。毛根や毛母細胞を破壊する力が弱いのですが、痛みやトラブルが少ないのが特徴となっています。他には、プラズマ脱毛といった脱毛方法もあります。

 

医療クリニックとエステサロンの大きな違いは、照射パワーの違いです。前者では医師が常勤しているため、万が一の場合も適切な処置がおこなえます。だから高い効果をもつ医療レーザーの使用が国から認められています。エステサロンは医師がいるわけではないので、低出力での施術しか認められていないのです。


関連ページ

ハイジーナ脱毛とは?
脱毛について調べていると、一度は耳にしたことがあるハイジーナ脱毛。 煩わしい自己処理から解放されると、若い世代に人気です。