医療脱毛とエステサロンの違い

医療脱毛とは医療機関でおこなう脱毛の事で、主にレーザーや電気針など医療行為として厚生労働省が許可をする専用機器を使い、医師の管轄の元でおこないます。半永久的な効果を期待することができ、その定義からも「永久脱毛」と宣言することも可能。永久脱毛と言えってはいけないエステサロンとは、ここが大きく違うと言えるでしょう。

 

なぜ医療機関だけ「永久脱毛」とうたっても問題がないのかというと、医療用のレーザー機器は出力も高く設定されており、その強さから脱毛効果も高く期待できます。方やエステサロンで使われている機器は、医療機器ではないので強い出力を出すことができず、痛みは少ないものの効果も低いものとなっているのです。

 

医療脱毛ではレーザー以外にも電気針脱毛というのがありますが、これはより永久脱毛に近い脱毛方法。レーザーでは反応しないような産毛や薄い色の毛にも確実に効いていきます。ただしその分、痛みは半端なく強く、時間も相当かかる事からも部分的な脱毛に向いています。

 

医療脱毛では医師が担当しておこなうので、肌トラブルが起こりやすい人や敏感肌、アトピー性皮膚炎などの人は安心して行える方法です。個々に合わせて医学知識を元に的確な施術プラン、そして出力の強さなどを調整していきます。

 

ただし、効果が高い反面、肌にもそれなりのダメージがありますので、術後のケアは重要項目となります。施術後の日焼けはもちろんの事、赤みがでてしまったり腫れてしまった場合は、すぐに医師に見せて適切な処置を施してもらうようにします。


医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛といえばレーザー脱毛ですが、この仕組みはどうなっているのでしょうか?原理としては、レーザーから特定の波長の光を特定の組織にピンポイントで照射し、ムダ毛の毛根組織を破壊して体毛が生えないようにする…といったもの。この「毛根組織を破壊する」というのは医療行為にあたるもので、医師免許がないとできない行為とされています。そんな医療レーザー脱毛のメリットとデメリットをまとめてみました。

 

○メリット
医師が施術するので、しっかりと皮膚の状態をみたうえで判断することが可能。個々に合わせて出力を効果的に調整できます。万が一にも腫れたり荒れてしまった場合でも、適切な医療処置を施すことができます。また、施術場所の衛生管理に関しても、厳しく管理されている医療機関ですから安心。そして、毛細組織を破壊するほどの威力を持っているので、永久脱毛に近い効果を得ることもたやすいのです。安心面と効果面からいえば、医療脱毛が一番なのです。

 

○デメリット
医療レーザーなどの脱毛機器は黒いメラニン色素に反応するので、皮膚の色が地黒い人や日焼けをしている人、ほくろやあざがある人にはリスクが大きく、火傷といったトラブルが起こることも…。日焼けしている人の場合は色が元通りに落ち着くのをまってから、ほくろやあざがある人は事前に除去手術をしておくことが必要となる場合もあります。また、極端に細い毛や白髪・産毛、薄い色の体毛にはあまり効果がなく、稀にですが硬毛化や増毛化といったトラブルを引き起こしてしまう事もあります。


医療脱毛の基本記事一覧

 

たまに耳にするハイジ...