急増するのは春から夏!向いているのは秋から冬!

春になり気候がだんだん暖かくなってくると、洋服も次第に薄着へと変わっていきます。夏になると暑さからも肌の露出が増えてくるようになるのですが、そうなるともっさりと生えている体毛も皆の視界に…!やはり、体毛がないつるつるきれいな肌が男女ともに憧れますので、体毛をきれいに撤去したいとして脱毛を始める人が増加。脱毛クリニックだけでなく、エステサロンなども夏が近づくとどんどん忙しくなっていきます。

 

ただ、脱毛というのは、一度やればいいというものではありません。回数を重ねるごとに体毛が減ってきれいなつるつる肌になっていきますので、夏から始めたのは、正直なところ間に合いません。また、肌の露出が増えるということは、日焼けもしやすくなるという事。脱毛直後の日焼けは肌にダメージを与えてしまうだけでなく、毛膿炎などのリスクも高くしてしまうのです。せっかくきれいな肌にするためにお金をかけてやっているのに、肌が汚くなってしまっていては逆効果。夏場の脱毛では、日焼け止め対策をしっかりとおこない、あまり紫外線に当たらないように肌を保護するなどの注意が必要です。

 

脱毛は基本的には毛周期に合わせておこないます。回数が増える度に体毛が少なくなっていきますので、通院する間隔も次第に長くなっていきます。そうしたことからも、脱毛をスタートさせるには秋から冬にかけてが一番ベスト。この時期は紫外線が少なくなってもいますので、紫外線によるリスクも低くなります


秋から始める2つの理由

体毛の生え変わりには毛周期と呼ばれるものがあり、すべての体毛が一斉に同じサイクルで生えているわけではありません。元気に生えている成長期、お肌の中に眠っている休止期、もう抜けそうな退行期…と、3つのサイクルを回っているのです。その期間は部位によってまちまちで、体は8週間ほどで顔は4週間ほどと、顔のほうがサイクルが早いのです。もっと早い部位もあり、男性のヒゲなどは朝剃っても夕方になると生えてくるといった、超成長スピードが速いところもあります。

 

医療レーザー脱毛やエステサロンなどでおこなう光脱毛では、成長期に対して脱毛効果を働き掛けることができます。個人差はありますが、医療レーザーでは3回目あたりで自己処理がだいぶ楽になり、残っている体毛の成長も遅くなっていることを感じるようになります。

 

体毛の毛周期サイクルからも、体であれば2カ月に1回の来院が平均的な来院間隔になります。夏までにある程度の脱毛を終わらせておきたい場合は、秋の9月か10月頃に始めるといいでしょう。脱毛は秋からスタートさせるのが一番の理想なのですが、そういわれるのには毛周期サイクルだけでなく他にも理由があるのです。

 

なんといっても、紫外線の量が少ないことが挙げられます。春から夏にかけては一年間でも特に紫外線量が多いので、どんなに気を付けていても日焼けをしてしまいます。レーザー脱毛では黒色の反応するようにできているので、肌が日焼けしてしまうとそれに反応してしまい、最悪、火傷してしまうことも…。火傷をおこさないようにレーザー出力を弱くしたとしても、その分だけ脱毛効果が弱まってしまいます。


関連ページ

永久脱毛の定義
脱毛をするとしたら、やはり永久に生えてこないことを希望します。 普通の脱毛と永久脱毛は、どこか違うところがあるのでしょうか?
脱毛するリスク
どんなことでも、100%の安全なんてものはありません。 脱毛にもそれなりのリスクがあるのです。
気になる痛みと費用
全身脱毛をするうえで誰もが気になるのが、施術時に感じる痛みです。 どれくらいの痛みがあり、また費用には追加料金などがあるのでしょうか?
デリケートゾーンの脱毛
一番ではないけれども、気になるデリケートゾーンの毛。 きれいな水着姿にあこがれて、またはニオイなどが気になって…と、この部位の脱毛も意外と多いのです。