医療レーザーはエステ以上に痛い!?

医療脱毛で使われるレーザー脱毛器は、出力が高く設定されているので効果も高いものとなっています。ですが、その分痛みも大きく…エステサロンでの脱毛に比べると痛いです。その痛さは、エステサロンである程度の経験をしていた人でも「痛い!」とびっくりするくらいです。逆に言えば、それだけエステサロンとは威力が違うということなのです。

 

感じる痛みが強いということは、痛みに弱い人はできないのか…と思われがちですが、そこがエステサロンとはまた違うところでもあります。エステサロンでは出力数を抑えてさらに効果を下げてしまうか、我慢するかのどちらかですが、医療クリニックではそのどちらでもなく、麻酔を使って痛みを軽減します。

 

医療施設ですから麻酔の使用が可能であり、痛みに弱い患者さんや痛みに恐怖を感じる患者さんには麻酔を使ってそのストレスを緩和することができるのです。使用する麻酔は塗るタイプや笑気麻酔(リラックス麻酔)といったもので、これは歯医者さんでも使える麻酔。もちろん、安全性はきちんと確認されています。ですから、痛みに弱い人は医療機関で全身脱毛をするほうが向いているともいえます。

 

とはいえ、脱毛技術はどんどん進化していますので、麻酔に頼らなくてもいい全身脱毛できるようになってきています。最新式の脱毛機器では痛みがかなり緩和されており、「レーザー脱毛=痛い」といった図式も崩れてきています。痛みに弱い人は、こうした痛みを軽減した最新式の脱毛器を取り入れている医療クリニックを選ぶのも一つの賢い選択となります。


最新式の脱毛機器導入で料金低下の傾向に

医療脱毛と言えば費用がとても高くつくことで有名ですが、実は年々安くなってきているのです。数年前の医療脱毛にかかる費用は高額で、ごく一部の人しか受けられないような金額でしたが、脱毛機器の発達により料金を下げることが可能となってきたのです。さらに、全身脱毛に興味・関心を持つ人が増えてきた事も影響しています。

 

昔の脱毛機器は照射面積がとても狭くて、全身を脱毛するにはかなりの時間がかかっていました。今では1時間かからないところもありますが、当時は数時間なんて当たり前だったのです。それが、脱毛機器の発達で時間が大幅にカットできるようになり、その分多くの施術ができるようになってきたので、脱毛料金も安く設定できるようになってきたのです。

 

ただ、そうはいってもエステサロンよりかはまだまだ高い料金です。分割で支払うことがほとんどで、医療機関に認められている医療ローンを利用して支払う人もいます。当然、どちらも利息がついてしまうことになり、医療ローンに関しては年利9%といった高額利息が!とはいえ、最近では少しでも受けやすくしようと、クリニック側で分割手数料を負担してくれるところもあります。できれば少しでも安いところで施術したいですから、こうした嬉しいサービスをしてくれるところを選ぶといいですね。ただし、他の面でも満足できるかどうかは要チェックです。


関連ページ

永久脱毛の定義
脱毛をするとしたら、やはり永久に生えてこないことを希望します。 普通の脱毛と永久脱毛は、どこか違うところがあるのでしょうか?
脱毛するリスク
どんなことでも、100%の安全なんてものはありません。 脱毛にもそれなりのリスクがあるのです。
デリケートゾーンの脱毛
一番ではないけれども、気になるデリケートゾーンの毛。 きれいな水着姿にあこがれて、またはニオイなどが気になって…と、この部位の脱毛も意外と多いのです。
脱毛に適した季節とは?
脱毛はいつでもできるのですが、適した季節というのがあります。 それはいつでしょうか?