難しい毛周期の見極め

脱毛は、1回通えばそれで終わり…というわけではありません。1回やってきれいに抜けたとしても、また数日後にはひょっこりと生えてきます。これはなぜかというと、体毛全てが一度に生え伸びているいるわけではなく、大体3分の1程しか表面には生え出てはいないからです。脱毛は生えている体毛ににしか効果を発揮することはできないので、休んでいる細胞はスルー。休んでいた体毛が成長してきた頃を見計らって、また施術をおこなわなくてはいけないのです。この体毛の生え変わりの成長サイクルを、毛周期と呼びます。さらに、毛周期は部位によって異なるので、それぞれの脱毛ヶ所においての毛周期を見極めて施術を施していかなくてはいけません。レーザーの効果だけでなく毛周期の見極めも、脱毛を成功させるポイントとなるのです。

 

この毛周期は、成長期・退行期・休止期の3つの段階に分かれています。この段階を一定の周期で回って常に生え変わっているのです。施術効果があるのは成長期の体毛だけで、1回目のレーザー脱毛を受けたら、退行期・休止期が過ぎて再び成長期に入った頃に2回目のレーザー脱毛をおこないます。

 

ただ、成長期を厳密に見極める事はほぼ不可能。部位によって異なるだけでなく個人差があるので、数週間から数年といった差があるのです。毛周期につて調べた研究では、人種や研究施設によっても異なる研究データとなっているのですから、毛周期を厳格に見極めるなど無理なのです。


次の施術までの期間

医療クリニックによって通院スケジュールは異なりますが、大体1〜2ヵ月間ほどの間を開けています。なぜ数か月間の間を開ける事で、体毛が生えそろってきて次回の施術も効果がみられるものとなるのです。

 

毛周期を考えながら施術を施していくので、どうしてもある程度の時間はかかってしまいます。多くの人が短時間での脱毛完了を願っていますが、効率的・効果的におこなっていくには、「短い期間」にこだわるよりも「長くて確実な期間」にこだわった方が良いです。長期的に体毛が減っていくようにすることで、自然できれいなつるつる肌を作っていくのです。

 

ただ、医療レーザーによる脱毛は効果も高いものですから、1回やっただけでもかなりの効果を実感することができます。施術をおこなった時に生えていた体毛は、2〜3週間後にぽろぽろと抜け落ちていきます。休止期の体毛が生えてくるまでは、一時的とはいえ体毛がないつるつるきれいな肌に。個人差はあるものの、脱毛から2週間後から8週間後までが無毛週間となるのです。こうしたサイクルを知っていると、大事な予定に合わせて無毛習慣を合わせる事もできますね。特に、合コンや結婚式、デートなど…この期間に設定するのもありです。

 

全身脱毛では複数の部位に対して施術をおこないますが、それが1日でやってしまうクリニックもあれば、2回程に分けておこなうクリニックもあります。同時にできない場合もあるので、申し込む際にはそこら辺もしっかりと確認しておかなければいけません。


脱毛と成長サイクル記事一覧

 

脱毛にかかる費用と時...

 
 

医療クリニックが出し...

 
 

医療脱毛で使われるレ...

 
 

ドラマや映画などに出...

 
 

春になり気候がだんだ...